住宅ローンカードローン取引銀行ではだめか

キャッシングベスト3

住宅ローンはカードローンで取引のある同じ銀行に申し込めない?

近々マンションを購入予定です。住宅ローンを銀行で組みたいのですが、同じ銀行でカードローンでの取引もあります。住宅ローンはカードローンなどを申し込んでいるだけで審査に通らないと聞いた事があります。カードローンでの借入は後5万円ほど残高があります。もちろん住宅ローンを申し込む時までは完済するつもりです。

カードローンを完済なら同じ銀行で住宅ローンも大丈夫

通常カードローンがある場合住宅ローンの審査上、マイナス要素になる事が多いのですが、完済すると言う事なのでその場合はまったく問題ありません。遅延する事なく返済をしていたのなら尚更住宅ローンを申し込むのも同じ銀行の方良いのです。カードローンで取引のある銀行ですから、実績ありと言う事になります。ローン残高は0なので、銀行側はマイナス要素どころか信用と言う点ではプラス要素として見てくれると思いますよ。取引実績がやはり審査を大きく左右するのです。

ただ、あくまでもこれは一度も遅延する事なく返済していると言うのが大前提です。それがあなたの大きな実績となるのです。住宅ローンの上限は年収の約7倍と言われます。年収500万円の場合は3500万円が上限。返済に無理のない金額は年収の約5倍です。500万円の場合2500万円となります。この金額に頭金をプラスした物件を探すと良いですね。頭金を出来るだけ貯蓄し、カードローンの返済もして万全体制で臨みましょう。カードローンの方ですが、限度額枠で住宅ローンの限度枠をそれだけ引かれてしまうので、完済後一旦解約をした方が良いかと思います。住宅ローンが決定してからまたカードローンの申し込みをする事は可能ですから。

住宅ローンを利用している同じ銀行のカードローン利用のメリット

銀行の住宅ローンを利用していると、当然他のローン商品が必要になった時は同じ銀行のローン商品を検討してみることになるでしょう。ローン商品は安心して利用できるという事が一番大切ですから、実績があって問題がなかった銀行のローン商品を利用することは当然の流れです。そして、住宅ローンを利用している銀行でカードローンを申し込むと、ちょっとした金利優遇を受けることが出来るんですよ。

住宅ローンは高額な借り入れですから、返済期間も長期に渡ります。金利分だけでも結構な金額になるんですね。プラスのローン申込みというのは多少なりとも負担となりますから、新規の申し込みを獲得するために金利の優遇サービスを行っている場合も多いんです。その優遇幅は銀行によって違いますが、1~2%前後の優遇を受けられることが多いようです。カードローンと住宅ローンの同時申し込みを金利優遇の条件としている銀行もありますね。詳しい内容については、利用を考えている銀行に問い合わせてみると確実です。銀行によってはカードローンを利用していて、住宅ローンを新規で申し込むと言った場合にも金利優遇を受けられることがあります。

銀行のカードローンを利用している、という人も増えてきましたね。ローンを申し込むのに審査時間がかかって、そのくせ審査をクリアするのが難しいというイメージが強かった銀行ですが、最近では即日融資を可能としている、即日の審査結果連絡を可能としているところが増えてきましたし、申し込みに必要な書類も最小限となっていて面倒でなかなか利用できない、というイメージが変わってきているんです。住宅ローンを利用していて、プラスαとしてのカードローン利用が必要になってきてるのであれば、まずはどのような優遇があるのかをチェックしてみましょう。安心して、その上お得に利用することが可能かもしれませんよ。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 即日融資なのに安心!今なら借りれる!※お急ぎの方限定! All Rights Reserved.