カードローンの審査の成否を決める要素

キャッシングベスト3

カードローン審査に通過できる人とできない人の違いとは?

最近何人かの友人が相次いでカードローンの審査を受けたのですが、意外なことに年収がもっとも良い友達が審査におちて、そうでもない友達が審査に通る、という現象を目にしました。自分の中の意識では、カードローン審査に通過できる人とできない人の違いというのは、主にどれだけの給料をもらっているのか、によって左右されると思ってきましたが、そうではないのでしょうか?実際のところ、どんな要素がカードローンの審査に通るかどうかに影響をするのかを教えていただけないでしょうか?

カードローンの審査は収入だけでなく、支出も関係

カードローンの審査に通るかどうかには様々な要素が関係していますが、簡単にいうと、貸金業者が安心できるか、ということに尽きるんだと思います。例えば、あなたの友達は収入は非常に高いとのことですが、それはいったいどのくらいの期間継続しているのですか?例えば、月収100万円だとしても、それが3ヶ月しか続いていなければ、月収30万円が1年間続いている人に貸金業者は貸したいと思うでしょう。

さらに、例えば年収300万円の人のが二人いるとします。収入があったとしても、もし手元に残らなければ貸金業者は安心してその人にお金をかせません。それで、個々の家族構成や、居住状況、つまり住んでいる家が持ち家なのか、借家なのか、なども審査されるわけです。また、たくさんの収入があるとしても、各社から借金を重ねているようなら、手元に入ってきたお金もほかの会社に奪われてしまう危険性があるので、そこも非常に重視されます。

こうやってみてくるとわかるように、入ってくるお金、つまり年収だけでは、その人に安心して貸せるかどうかは確定できない、ということです。支出の部分をみてはじめて、貸金業者は融資するかどうかを決めている、ということなのです。

カードローン審査に通過できる人と出来ない人、その差とは

カードローンを申し込んで審査に通過できる人、通過できない人がいます。同じ年収、勤務先だったとしても審査に通過できるかどうか、その結果が違う場合があるんです。年収が高く大手企業に勤めていても審査で落とされてしまうことがある一方で、収入も低いし勤務先も中小なのに審査に通過できることもあります。その差は一体どこにあるのでしょうか。

カードローンを申し込んだときの審査では、確かに年収や勤務先がどうなっているか確認されます。年収が高く大手企業に勤めていれば審査で有利になるということなのですが、それ以上に大切になるのがその人の信用情報です。信用情報にはいろいろな情報が登録されていて、過去にお金を借りた金額はもちろん、返済した記録まで記載されているんです。そして、この返済した記録には延滞したこと、債務整理を行って完済できなかったことも載っているので、返済能力があるのか、お金を貸しても返済してくれるのか、見極める材料とするのです。

この信用情報に問題が認められれば、いくら年収があって大手企業に勤めていても、返済能力がないという判断になる可能性が高いのです。その代り、年収が少なかったとしても信用情報に問題がない方が審査に通りやすいと言えます。審査に通過できる人と出来ない人の差、それは信用情報にあると言えるでしょう。今まで返済期日に遅れることなくきちんと返済できている、借金したことがない、そして現在定収があるという事であれば安心出来るかと思います。ただ、借り入れ希望金額を大きく出しすぎると審査に通過できないこともありますから、希望金額は収入に見合った金額にするようにしておきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 即日融資なのに安心!今なら借りれる!※お急ぎの方限定! All Rights Reserved.