キャッシングブラックはどういった人の事か

キャッシングベスト3

キャッシングブラックとはどういう人の事を言うのですか?

キャッシングブラックと言う言葉をよく耳にしますが、これはどういう人の事を言うのですか?私は今、2社からキャッシングしているのですが、2か月続けてうっかり返済日を遅延してしまいました。ブラックになってしまったのではないかと心配なんです。

大丈夫!それはブラック情報になりませんよ

俗にブラックと言われるのはキャッシングについて問題のある人の事ですが、ブラック情報に基づきます。ブラック情報と言うのは金融事故が過去にあった人が信用情報に情報登録されたものなのです。金融事故は破産、任意整理、3か月以上の延滞などを言います。この事故の内容が信用情報に登録され、自己破産は7年から10年くらい、その他の情報は約5年間は情報を消すことが出来ない為、各ローンなどが新たに組めないと言う事になるのです。

要するにキャッシングブラックと言う言葉は本来はなく、金融事故情報がブラック情報となり、一般的にブラックリスト、キャッシングブラックなどと呼ばれているのです。そこでうっかり返済期日を遅延してしまったとの事なのですが、これは金融事故情報にはなりません。うっかり3か月以上の延滞をしたと言う場合には金融事故となります。2万円を2カ月続けて2日だけ遅延したとしても金融事故情報とはならないけれど、2千円でも3か月以上の延滞があれば金融事故として登録されるのです。

よく住宅ローンを組もうとしたら組めなくて、よくよく確認してみたら何年か前にわずかな金額を3か月以上延滞していたと言う事が原因だったなどと言う事があるのはこの為です。もちろんどんな時でも遅延は充分気を付けるべきですが、少額だからとうっかりしないように特に3か月以上延滞は非常に厳しい事を知らなくてはいけませんね。

巷で言われているキャッシンブラックとはどういう状態?

ウワサや評判サイト、口コミなどでよく出てくるのがキャッシングブラックという言葉です。このキャッシングブラックとは一体どういうものなのでしょうか。ちゃんと説明できる人のほうが少ないので、簡単に説明をしたいと思います。

そもそもキャッシングブラックとは二つに別れるとされています。一つがブラックリストに載っている場合であり、もう一つが申し込みブラックと呼ばれている場合です。この二つは基本的に違うとされているので、両方を説明したいと思います。

一つがブラックリストに載っている場合ですが、コチラ何らかの金融事故などを起こした人たちが載っているものです。金融事故というのは遅延を起こして延滞にまでなったという人、過払い請求をしたという人、自己破産をした人や任意せりなどで債務を免除してもらったことがある人などが乗っています。こういった人たちはブラックと呼ばれ借入が数年間できなくなるのです。

一方の申し込みブラックというのは申し込みをして何度も落ちてしまった人や、何度も繰り返し申し込みをしてしまった人などが入ります。これは借入自体は他ではできるくらいの信用力があるんですけれども、いろいろな銀行系カードローンなどに同時に申し込みをしてしまったために「この人は怪しいな」と思われている状態です。申込みをした、という履歴が消えれば、問題はなくなります。

キャッシングブラックとはこの二つの状態を指すと思われます。基本的にどちらになっているかということによっても対策が変わってきますから、自分はどういう状況なのかをしっかりと把握する事が重要です。キャッシングブラックのどちらなのか、よく考えてみてください。

例えキャッシングブラックだからといってそこまで大きく落ち込むこともありません。どういうものでも人の噂も七十五日と言います。キャッシングブラックでもそれは同じで、時間が経過することでちゃんと借入がもう一度できるようになるのです。消費者金融も銀行系カードローンも使うことができるようになるでしょう。

ネット上ではキャッシングブラックに関するうわさ話も多いですが、非常に有益な情報もたくさん流れているので、役に立つ情報だけを集めましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 即日融資なのに安心!今なら借りれる!※お急ぎの方限定! All Rights Reserved.