銀行が消費者金融と提携する訳を教えて

キャッシングベスト3

銀行は消費者金融と提携してどんなメリットがあるのでしょうか?

銀行と提携した消費者金融が多いようですが、銀行はどんなメリットがあって消費者金融と手を組んだのでしょうか。

信用情報網の充実や小口貸付のノウハウなどが銀行のメリット

銀行のカードローンは何よりも銀行と言う所に安心感がありますよね。それに利率も低い。反対に消費者金融と言うとイメージ的に昔のサラ金というイメージが強いです。それなのにどうして銀行は消費者金融と提携するのか、それはやはり小口の金を貸すと言う事については銀行よりも消費者金融の方がずっとそれに対するノウハウを持っているという点に他なりません。

銀行は住宅ローンやマイカーローンなどの大きなローン以外の小口ローンについては詳しくなく、個人情報機関にしても消費者金融の機関と銀行の信用情報機関とは別の為、消費者金融での金融事故があったかどうかが今一つはっきりしないと言う事もありました。延滞分の督促についても銀行本体のみではどうしてもその方法に限界がある事も提携理由の一つです。

その為消費者金融の個人情報網へも幅を持たせ、小口ローンのノウハウを持つ消費者金融との提携に乗り出したという訳です。消費者金融は反対に銀行との提携と言う事でイメージを一新出来ると言う事ですね。もう一つこれは銀行側のメリットではないのですが、総量規制によって融資額を制限されてしまった事が消費者金融会社にとっては大きな打撃となり、バックに大きな資金源を置くというのは充分なメリットと言えるでしょう。お互いに良い所を取り入れようとした提携と言えますね。

銀行が消費者金融と提携、そのメリットとは

消費者金融が身近で便利なところ、というイメージが定着しつつあります。消費者金融と言われるようになった現在ですが、サラ金と同じなんですよね。サラ金と聞くと今でも悪い印象がある、怖いシナリオをイメージするという人はまだまだいるでしょう。ですが、そのイメージを変える為、消費者金融と呼称を変更し、タレントを起用した宣伝を行うなど積極的に営業活動を行ってきた成果だとも言えますね。そして、最近では大手銀行と提携することによってさらにイメージの向上を成し遂げてきています。

銀行と消費者金融の提携は、珍しいものでは無くなってきました。それぞれにとってメリットがあるものなんですね。消費者金融側のメリットとしては、大手銀行がバックにいることでのイメージの向上、安心感を与えることでの新規顧客の獲得、そして安定した資金調達が得られるという点が挙げられるでしょう。名前をあまり聞いたことがない消費者金融は利用しづらいものですが、そこに銀行の名前があると一気に信用度が高まりますよね。

消費者金融を利用する人はみんながしっかりと返済してくれる人ばかりという事ではありません。そのリスクを考えて金利が高めになっているのですが、それでも返済が少なくなってしまうと経営が厳しくなってしまいますよね。そんなとき、銀行と提携していれば資金調達が比較的容易となるんです。消費者金融にとってはたくさんのメリットがあるという事ですね。

では銀行はどうでしょうか。消費者金融側ばかりメリットがあるようにも思えますが、銀行にとってもメリットはあるんですね。メリットがなければ提携はしません。銀行側のメリットは消費者金融が行ってきた個人向け融資のノウハウを手に入れることが出来るという点ですね。銀行は高額な融資が多いので経営が安定しているとも言えますが、個人の少額融資で新規顧客を獲得し、その金利収益も大切である、という考えになってきています。そこで、消費者金融のノウハウ、ATMシステムのインフラ面で技術協力を得ることが出来るというメリットがあるんですね。銀行も消費者金融も、それぞれのメリットの為に提携しているという事です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 即日融資なのに安心!今なら借りれる!※お急ぎの方限定! All Rights Reserved.